◆KagaFishingArea.Co.ltd◆
AllRightReserved


●対象魚種
*(写真の魚は全てエリア内で釣られたものです)
レインボートラウト
ブラウントラウト



<Oncorhynchus mykiss>

カムチャッカ半島から北アメリカの太平洋側にかけて分布し、日本には1877年に初めて移入されました。おもに水温の低い河川上流域や湖にすんでいますが、原産地では海に下るものもいます。水生昆虫やエビ類などを食べる動物食性の魚です。産卵はおもに春頃におこなわれますが、日本で自然に繁殖している場所はあまりありません。渓流釣りの対象魚として人気が高く、各地でさかんに養殖・放流がおこなわれています。



引き味は強く重いもので、水面でジャンプするなどして抵抗します。ルアーやフライにもよく反応し、初心者にも釣り易い魚です。

 

 



<Salmo trutta>

ヨーロッパ原産種で、アメリカからカワマスが移入された際、混入したと言われています。中禅寺湖、上高地の明神池、本栖湖などに分布するほか、黒部川流域など山間部のダム湖、北海道の石狩川水系、などにも広がりつつあります。産卵は秋から初冬にかけて行われ、冬季には禁漁となるところが多です。冷水域に棲み、成長が早いところはニジマスと似ていますが、それよりはるかに水温の低いところを好むため春と秋が釣りの好シーズン。水温の上昇する夏は湖の深みに潜み、秋口、川に昇りはじめるころが群れもまとまるので、絶好の狙い目となります。


重い引きではないが向こう見ずに激しく走ります。縄張り意識が強く、魚食性も強いのでミノーが有効。岩魚が見切る大きさのミノーでもブラウンは食いつきます。

 


ブルックトラウト ヤマメ


<Salvelinus fontinalis>

原産は北米大陸北東部。背中が虫食い状(唐草)模様になっており、ヒレの様子はイワナに似ていますが、ヒレにもしっかりと模様が入ります。 くっきりとした朱点があり、多くの場合、薄いブルーに縁取りされています。 成熟したオスは、体高がでます。


物陰を好み、引きは強く強烈な走りを見せます。


 

<Oncorhynchus masou masou>

ユーラシア大陸東部に広く分布します。日本では九州以北でみられますがサツキマス(アマゴ)のすんでいる地域にはいません。海に下るものと、一生を河川上流域ですごすものがおり、後者は普通「ヤマメ」と呼ばれています。河川では水温の低い、渓流域の淵(ふち)などにすみ、流れてくる水生昆虫などを食べています。産卵は秋頃に河川上流で行われます。非常においしい魚で、渓流釣りの対象としても人気があります。


好奇心旺盛ですが警戒心も非常に強く、物音や人影にも敏感です。ドライフライにもよく反応しますが、とてもすばやいのであわせるのが大変難しい魚です。エサ、ルアー、フライ、いずれの釣りでも慎重にアプローチしたいところです。引きに重量感は無いが俊敏性に富み、キレがあります。




サクラマス イトウ


<Oncorhynchus masou masou>

ヤマメとサクラマスは同じ種で、一生淡水で暮らすものをヤマメ、一時期海に下って暮らすものをサクラマスと呼びます。河川の上流域に棲むヤマメは体側にパーマークと呼ばれる黒っぽい斑紋があり、斑紋の数や形には生息する河川ごとに違いがあります。サクラマスは河川に棲む幼魚期を除いてパーマークがなく、海で暮らす間は全身銀白色で、産卵期にはサケのような婚姻色が出ます。ヤマメ・サクラマスとも食用に漁獲され、渓流釣りの対象魚としても人気が高いです。

 

<Hucho perryi>

北海道・千島列島南部・サハリンなどに分布します。日本最大の淡水魚といわれ、かつては全長2m近いものもいたとされています。湖沼や河川下流域の湿地帯にすみ、小魚などを食べています。産卵は春頃におこなわれ、その時期の雄は婚姻(こんいん)色で体の後半部があざやかなオレンジ色に染まります。生息数が非常に減っておりとくに大きなものはほとんど見られなくなってしまいました。緊急な保護対策の必要な種です。


非常に貪欲で稚魚期は水生昆虫なども捕食しますが30cmを越える頃からエサの殆どは魚になります。根掛かりと勘違いするようなアタリで竿を上げると猛烈に走り出します。

 



・・・加賀フィッシングエリア・・・
〒327-0324
栃木県佐野市山形町48
TEL 0283(65)0337
FAX 0283(65)1966